CEOは「倫理と審美、あれば運」を備えると良い

株式会社ジパング・ペイメントの張綜哲です。

先日、大変印象的なツイートを見つけたのでご紹介しようとおもいます。

経営者は、社会にプラスになるような倫理観と、みっともない経営をしないための審美観、そして、できれば幸運を身につけるべし、というお話でした。

特にこのツイートをつうじて最近「みっともない」という言葉があまり使われなくなった、みんな成り振り構わなくなった、と気づかされました。経営というのは人様のためになることを極めるべきである、という点からも、このツイートは心に刻んでおきたいです。

(ちなみに蛇足ですが、興味深いことに、倫理は英語でethics、審美はestheticsと、似ているのです)

こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です