CEOは「パープル・カウ」になるようにすると良い

株式会社ジパング・ペイメントの張綜哲です。

今回は「パープル・カウ」(紫の牛)について3分ほどで読めるようまとめてみます。

「パープル・カウ」はセス・ゴーディンのベストセラー『「紫の牛」を売れ!』(門田美鈴訳、ダイヤモンド社)に出てくる言葉で、「消費者にオヤッ?と思わせる存在」「注目に値する(remarkable)存在」を指します。

確かに、茶色や白黒の牛の群れに、紫の牛が混ざっていたら目を引きますよね。

そしてあくまで「牛」であって「エイリアン」とかではない点がポイントです。

携帯音楽プレーヤーの世界で言えば、今なお根強い人気があるiPodが「パープル・カウ」と言えそうです。老若男女すべてに歓迎され求められる、というよりは、携帯音楽プレーヤーのユーザーにとっては機能性やデザイン性で秀でていて、他の製品が色褪せて見え、新製品が出れば並んでも買う、というものですからね。

では「紫色の牛を育てる10の方法」という”まとめ”がありますので、引用してみましょう。

1. 顧客層を分析、差別化させよう。もっとも利益が 見込める顧客層を見つけよ。他人に影響力をもつ グループをみつけよう。上記ふたつの人々を大切にして後は無視することだ。
—————————

2. あなたのターゲットとしたい、「日陰者扱い」されて いるマーケットの「隙間」はどこにあるのだろう? その層にのみ、アピールする製品を開発することだ。

—————————

3. 二つの組織を企業内に作ろう。「開発者」と、 「ミルクを搾る者」の二つである。組織的に両者を切り離しても、両者の面倒は平等に見ることだ。

—————————

4. 顧客ベースのうち、2割の人々のメールアドレスを 把握しているか? もし把握していなければ、いますぐ把握を始めよう。

—————————

5. 注目されるべき存在になるまでの道のりは、従業員の 電話応対、価格設定などの細かな点の改善を図ること からスタートできる。ささやかでも、「危険なこと」 をやってみる習慣を身につけてはいかがか。

—————————

6. 「最上級」を考えるのだ。最も安い、最も速い、最も 遅い、最も熱い、最も簡単、最も新しい…などなど、 アイデアは無限に広がる。それらのなかに、あなたの チャンスは転がっていないだろうか?

—————————

7. 小さなスケールで、物事を考えよ。小さなマーケット で、それに対し完璧な商品を送り出し、市場を圧倒 するのだ。そうすれば成功する。

—————————

8. あなたの業界で「行われていないこと」を探して、 それを実行しよう。「ジェットブルー航空」は搭乗客 に対してドレスコード(何を着るべきかの規則)を 定めた。ある雑貨店では、イチゴをパックから 出して、客に自由に自分で取らせるようにした。 これでイチゴの売上は倍増した!

—————————

9. 「なぜそれでは駄目なの?」と自問しよう。他人の 思惑などに惑わされないことだ。

—————————

10. 自分の会社内部に対して、すべての顧客に対して、率直に真実を語るとどうなるか考えてみよう。

http://www.japanvital.com/NewFiles/book%20pdf%20files/Purple%20Cow%20bilingual.pdf


こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です