スマチューの導入を推奨する飲食店

こんにちは!かおるんです。
待ちに待ったGWに入りましたね! 10連休の会社が羨ましい限りです。連休を満喫して心身共にリフレッシュしてBack to work してください♪  もちろん、私は連休中も Have to work です(>_<)

さて、以下、本題。
(営業展開する上で)当社が考える注文管理システム「スマチュー」の導入を推奨する(導入して欲しい)店舗形態を下記に紹介します。
注文時に多かれ少なかれ改善したい点があって(なくても勿論オッケー)注文業務の効率化を図りたい飲食店様が、当社にとっての“お客様”です。
下記は対象飲食店の現状の問題点とスマチュー導入後に改善されるケースの要旨を当社独自の調査及び考察で表記します。

1.チェーン店・ファストフード店・個人経営などの飲食店

[問題点]スタッフ不足のため注文取りが遅れる、あるいはフロア業務が慌ただしく接客が遅れるなど。
【改善】テーブルにQRコードを設置又は貼っておき、スマチューを利用して注文を取る。スタッフ不足でも注文をスムーズに取ることができ、注文時の労力の省力化及び効率化を図ることができます。

2.立ち食いソバ店

[問題点]券売機に多言語表示がないため外国人が注文に困る。
【改善】外国人のためにテーブルにQRコードを設置又は貼っておき、外国人のみテーブルに誘導、スマチューを利用(券売機は利用せず)させて注文を取ることができます。

3.観光地近辺の飲食店 

[問題点]さまざまな国の外国人観光客が来店するのでメニューの多言語が必要。
【改善】スマチューはGoogle翻訳のAPIと連動しているので、メニューの多言語表示機能を利用して注文を取ることができます。

4.カラオケボックス店

[問題点]ボックス内に注文のための電話機?を使用し、友人が歌っている最中の注文は聞こえずらく何度も注文内容をスタッフが聞き返す。
【改善】ボックス内の電話機?は不要です。テーブルにQRコードを設置又は貼っておくだけで歌っている最中でも聞き返すことなく注文を取ることができます。

———————————————————-

スマチューは上記のような問題点を改善し、かつ注文時の「ムダ・ムリ・ムラ」を削減する機能を有しています。
では、注文時における「ムダ」とは何でしょうか。生産性を悪くする動きと言えます。注文行為がムダと言っている訳ではありませんよ。誤解のないように……。
注文はスマチューに任せて、その間にスタッフは配膳や会計に集中でき、ドリンクバーの入れ替えやテーブル掃除、トイレ掃除などに時間を費やすことができます。
要するに注文を取る時間を他のフロア業務にまわすことができると言うことです。
「ムリ」とは何でしょうか。スタッフが能力以上のことを行い、かえって効率が悪くなることです。例えば、外国人観光客が来店し外国語で注文を取るような場面です。
スタッフが英語・中国語・ハングルなどの多種外国語が会話程度に話せれば問題ありませんが、そのようなスタッフはあまり見られません。
スマチューのメニューには多言語表示機能があるので言葉の壁も簡単に解決できます。
最後に「ムラ」とは何でしょうか。品質(サービス)が安定しないことです。混雑時に注文取りに追われ、なかなか注文を取りに来ずお客様を待たせることがしばしばあり、お客様もイライラすることがありますね。スマチューはテーブルのQRコードを読み取りメニューを表示させ注文を取るITサービスなので、お客様を待たせることがありません。

このようにスマチューは飲食店の注文業務の省力化及び効率化を図り、「ムダ・ムリ・ムラ」を削減する注文管理システムなのです。

Take my word for it.

こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です