GAFA……IT4巨人

こんにちは! かおるんです。
マリナーズのイチロー選手が引退されましたね。日米通算で前人未到の4,367安打!あのストイックさ!ただただ頭が下がりますm(__)m
イチロー選手の言葉で「何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。」と聞いたことがあります。
これはビジネスでも通用する言葉なので、社内で共有していきたいと思います。
イチロー選手、お疲れ様でした!今後も野球界のよき指導者として頑張ってください!

閑話休題。

零細ながらITサービス(注文管理システム「スマチュー」の運営)を生業としている当社では、烏滸がましいですがGAFAの動向やビジネス理念・哲学をウォッチしています(いきなりGAFAの話(^^ゞ)
GAFAはGoogle、Apple、Facebook、Amazonの頭文字を取って「ガーファ」と呼ばれてます。時価総額300兆円超の世界最大のIT4巨人です(◎_◎;)
設立当初はもちろん、当社のような零細企業だったと思いますが、何故? 世界を操る巨人になったのでしょう?? ちと、考えてみました。

まずは。。

GAFAのビジネスモデルはニンゲンの欲求に訴求力があると言うことです。
情報・知識を得たいという欲求(知識欲)・・Google
ブランド・ステータスを得たいという欲求(承認欲)・・Apple
ヒトと繋がりたいという欲求(社会的欲)・・Facebook
モノを手に入れたいという欲求(物欲)・・Amazon
ニンゲンの欲求に終わりがないから、企業の前提条件でもあるゴーイングコンサーンに繋がります!

さらに。。

GAFAのトップは将来の世界の社会経済のあるべき姿を予測し、それに対応した商品やサービスを考えだし開発する、開発当初は時期早尚でトレンド期にないのですが(世界がGAFAの考えに追い付いていない)、
しだいに世界がGAFAの商品やサービスに順応するといったGAFAが先行して世界の社会経済を牽引する現象が起こっているように見えます。
将来を読む。。どうゆう感覚なのでしょう? GAFAのトップの頭脳にはあるべき将来像が浮かぶのかもしれません。もしそうだとしたら神がかってますよね。

だから。。

どの法人個人もGAFAの商品やサービスを多かれ少なかれ利用しているのではないでしょうか。世界で身近に利用されている4巨人です。
ちなみに当社でも4巨人すべてを利用させていただいております(→助かってます)。

よって。。

当社のスマチューは、食欲に訴求する飲食店のサポートがメインですが、常にITのトレンドをウォッチし、ITによる利便性の追求を思考していきます。
また、当社も実現欲は持っています。
GAFAまでとは言わずとも我が国にある多数の飲食店へスマチューが導入されるように粒粒辛苦して大事を成したいと思う今日この頃です。

Take my word for it. 

こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です